工場の 屋根の向こうは ホグワーツ

d0089742_21454935.jpg

前回からだいぶ間が空いてしまいました。

お盆も過ぎて少し涼しくなってきたけど、

世間の流れを無視してワタシは仕事、仕事の日々。。。

炎天下の中パチンコ屋の店先でしゃべり続けるペッパーの

虚空を見つめる死んだ瞳が他人事とは思えません。

夏祭りに繰り出してかき氷や焼きそばを頬張るでもなく

「お前は熱中症にならないから、、」なんて理不尽な理由で

店長に着せられたこの浴衣、、

不平不満を訴えようにも

胸から突き出たタッチパネルに映し出されるのは

「いらっしゃいませ!新規会員様募集中!」の文字!

この恨みはらさでおくべきか!人間ども!!

AIと人類の戦争はこういった身近な「ロボハラスメント」から始まります。

みなさんも気をつけましょう。


d0089742_21442880.jpg
d0089742_21444072.jpg
d0089742_21444864.jpg
d0089742_21445326.jpg
d0089742_21451128.jpg
d0089742_21450540.jpg
d0089742_21445979.jpg
d0089742_21452251.jpg
d0089742_21452799.jpg
d0089742_21451738.jpg
d0089742_21453246.jpg
d0089742_21453878.jpg


東京にいる時に浴衣の人達が何人かいて

「地元のお祭りでもやってんのかなぁ〜??」

くらいのノリで同じ方向に歩いて行ったら

どんどん人出が膨れ上がり、

気づいた時には身動き取れないくらいの

人の流れに飲み込まれていてそのまま

花火大会の河川敷まで流された。

花火は大したことないし、1人だったから

人の群ればかり撮った。

そして、どうしようもない暑さだったので

すぐに帰ってきた。

花火ってそれ自体に情緒はなくて

「こんな儚い時間を誰と共有しているか」

に情緒がありますよね。。


d0089742_21454314.jpg

暑かった夏はあんなに憎くて

早く終われ!ってキレそうだったのに

夏が終わる気配を感じたら

急にちょっと切なくなるのは

なぜでしょうか。

ただの身勝手でしょうか。

また次回。








camera / SONY α7II + Planar 50mm 1.4



















[PR]
by chi_bo321 | 2018-08-17 22:56 | SONY α7II | Comments(0)